Apparence

お部屋

La chambre

京都の中心地に居しながら味わう個室での静謐感

Profitez de la sérénité d'une chambre privée au cœur de Kyoto

お料理

Cuisine

京都で歴史を紡ぎ、洗練を重ねた日本料理 木乃婦創業者 髙橋元信 二代目 信昭 の後を継ぐ。
一つの献立の中にはいくつもの時代が息づき時代の記憶を食し、季節を想う。
たゆまぬ探求で生み出す新しい日本料理の代表格 斬新さに目を見張る、雅やかさにときめく。
手がける料理に一皿一皿に旬を惜しみなく用い繊細な味わいに仕立てる伝統と驚きがあり、
季節やお客様に応じて巧みに料理構成を変え、全ての客人を魅了する。

Motonobu Takahashi, le fondateur de Kinobu Japanese Cuisine Motonobu Takahashi, la deuxième génération, Nobuaki, la troisième génération, et Takuji, la troisième génération Plusieurs époques prennent vie dans un même menu, et un plat qui rappelle les saisons a de la tradition et des surprises, et la composition des plats est habilement modifiée en fonction des invités pour les attirer.

ワイン&お料理

Vin et nourriture

京都のワイン使いの先駆者
自由自在にワインと料理の調和を構築する

Pionnier de la scène vinicole de Kyoto.
Construire à volonté l'harmonie entre le vin et la nourriture

お弁当&仕出し

Déjeuner et restauration

80有余年の京仕出しの真骨頂
点心、弁当、出張懐石、全てを網羅する技量
京都一円を網羅し、高品質の洛中弁当を一日1千食を創り出す能力を持つ。
香り、歯応え、味わいと三拍子そろった醍醐味

kinobu avec 80 ans d'histoire. Arôme, texture et goût, le meilleur des trois.

ご挨拶

Salutations

創業者 元信は畳十畳ほどの仕出し屋を昭和10年に始めました。
毎朝6時に市場に出向き、魚を一尾毎に品定めし上質なものを選び抜きました。
午前中にお客様宅に御用聞きに訪れ、魚をお見せし料理の注文を聞き、
夕方までに料理に仕上げてお届けしておりました。
お客様のご要望で、いつしかお弁当も配達するようになりました。

二代目 信昭は大きな館を構え、店を収容200名を超える大型料亭にしました。
室町界隈の呉服屋や商家に支えられながら、会席料理を提供しました。
それでも創業者の想いは絶やすことなく、仕出しは続け京都一円に範囲を広げました。

三代目の私はその二人の意思を継ぎ、二人がしてきたことを忘れず繰り返しつつ、
全てを更に洗練させ、次代を見据え、新しい日本料理を生み出していきたいと考えています。
そのためにもより一層の精進を重ねる所存でございますので、
ご指導、ご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

髙橋 拓児

ご来店心よりお待ち申し上げております。
Nous nous réjouissons de votre visite.